ビジネスメール

ビジネスメールのポイント

ビジネスメールのポイント 1:コストも意識する

メールでのやりとりも業務の一環です。書き方により手間が減り、コストが下がる=業務効率が良くなります。日程調整メールのポイントは2点、今後のやりとりの回数(コスト)も意識してメールを書くことと、認識がズレないよう日付を書くことです。
ビジネスメールのレシピ

メールの書き方:Step4 あいさつ文にもルールがある

既に関係が築けている場合の冒頭のあいさつは、「お世話になっています。」で問題はないのですが、ちょっと気がひける、そんなときは、自分の状況がわかるように書きましょう。入社したことを伝えたり、上司から指示されたと言ってみれば問題ありません。
ビジネスメールのレシピ

メールの書き方:Step3 宛名の書き方とTo 、Ccの使い分け

メールの宛名では会社名、所属、役職、氏名、敬称 の5つを記載します。宛名部分に記載する内容は相手のお名前や役職も含みます。 間違いのないようにしっかりと確認してから記載するようにしましょう。 会社のやり方がある場合はそれに従って書きましょう。
ビジネスメールのレシピ

メールの書き方:Step2 7つの要素で「型」を作る

ビジネスメールを書くときには、件名、宛名、冒頭のあいさつ、名乗り、本文、結びのあいさつ 署名の7つの要素が必要です。 ビジネスメールは「手紙」と同じような扱いなので、宛名や署名などが必要とされているのです。 この7つの要素を入れて作成しましょう。
ビジネスメールのレシピ

メールの書き方:Step1 メールを作る「3つ」の手順

本文の内容が伝わるメールを書くための3つの手順を紹介します。1.箇条書きで言いたいこと(要点)をメモする。2.メモを見ながら、言いたいことを普段の言葉で書く。3.普段の言葉で書いた文章を敬語になおす。
タイトルとURLをコピーしました