2020-09

言葉遣い

言葉遣い@ビジネス 2:「幸いです」の使い方

今回も、ビジネスでよく使われる「幸いです」の使い方についてご説明していきたいと思います。 この「幸いです」も、前回の「言葉遣い@ビジネス 「存じます」の使い方」と同様に、言葉の意味を考えずに使ってしまうと、自分の伝えたいことが正しく相手に伝わらず、トラブルに発展してしまう可能性があるのです。 では、同じように「幸いです」の言葉の意味から見ていきます。
言葉遣い

言葉遣い@ビジネス 「存じます」の使い方

「存じます」は「思います」という意味です。多用すると感想文になってしまいます。期日など、伝えるべきことは「存じます」ではなく、「ございます」などハッキリ伝えられる文章を書くようにしましょう。
ビジネスメールのポイント

ビジネスメールのポイント 2:クッション言葉を使用する

クッション言葉とは、前置きに使って、相手への気遣いを表す言葉をいいます。そのため、「ビジネス枕詞」と呼ばれることもあります。ただし、使いすぎると意味や用件がわかりにくくなるため使う頻度とタイミングに注意が必要です。
ビジネスメールのポイント

ビジネスメールのポイント 1:コストも意識する

メールでのやりとりも業務の一環です。書き方により手間が減り、コストが下がる=業務効率が良くなります。日程調整メールのポイントは2点、今後のやりとりの回数(コスト)も意識してメールを書くことと、認識がズレないよう日付を書くことです。
タイトルとURLをコピーしました