人事総務の栞

人事総務の栞:「研修」業務について

研修」業務とは、採用した従業員が今後会社で働いていくために必要な知識や技能を高める(身に付ける)ための勉強会や実習を行う業務をいいます。 なお、「研修」業務には、人事等研修担当者が、研修の対象者を集めて行うOff-JT研修だけでなく、配属された部署の業務を先輩や上司に教えてもらいながら行っていくOJT研修もありますので、人事だけが「研修」業務を行うわけではありません。
人事総務の栞

人事総務の栞:「人事」業務について

人事業務は、従業員の適正や能力に応じ、部門間の「人財」の調整や「人財の活用」を担う職種です。具体的には下記のような業務を行います。 配属先の決定 異動の決定、通達 昇格、降格等の決定、通達 人事面談の設定や同席 人事制度の制定や見直し
人事総務の栞

人事総務の栞:「労務」業務について

労務には、従業員を雇用している間も継続して発生する重要な業務があります。 それは、労務管理と従業員を雇用し続ける為に必要な様々な手続きです。 労務管理とは、賃金(給与)や勤怠、労働時間など、従業員の労働に関することを管理する業務です。 入社退社手続き 社会保険関係手続き 労務管理 給与計算 労使トラブルの解消 就業規則の作成、見直し
コミュニケーションの鍵

コミュニケーションの鍵:3本目 情報共有

情報共有は、コミュニケーションや報連相同様、仕事をしていくうえで、必要不可欠な業務です。 なお、業務として共有される情報は下記のとおりです。 見聞(見たり聞いたりしたこと) 知識(知っていること) ノウハウ(専門的な技術やその蓄積) 情報(内容や事情についての知らせ)
人事総務の栞

人事総務の栞:従業員の受け入れ準備

受け入れ態勢と聞くと、「人が欲しくて採用しているのだからいつでもOKに決まっている」と思われるかもしれませんが、新卒、中途に関わらず受け入れ日は意外とバタバタします。 そうすると、必要な手続きや今後の業務にあたり必要な説明が抜けてしまうことがあるのです。 そのようなことにならないように、必要な物や手続きはリスト化し、抜けがないようにしておく必要があります。
座談会

座談会:vol.2 離職率について

「離職率」を気にされている企業様は多いのではないでしょうか? 厚生労働省の「平成30年雇用動向調査」によると、全年齢を対象とした離職率は14.6%に留まっていますが、「新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者の状況)」によると新...
人事総務の栞

人事総務の栞:会社のハンコ(印章)

ハンコ本体の正式名称は「印章」といいます。そして、印章を紙に押した朱肉のあとのことを「印影」といいます。 ハンコ本体のことを「印鑑」と呼ぶ方も多いですが、「印鑑」とは、役所に登録した印影のことを言うため、厳密には異なります。 今回は、ハンコ=「印章」についてご説明していきます。
スキルアップの種

スキルアップの種:仕事の管理と優先順位

タスク管理の方法はいろいろありますが、基本は下記の5点です。 「いつまでに、何をするか」を決定する=スケジュールを組む 決定した通りに進めていく 進捗状況とスケジュールに差異がないか確認する 差異があれば調整する 増えた仕事に対応できるようにスケジュールを調整する
人事総務の栞

人事総務の栞:「採用」業務について

「採用」業務は、企業の大切な財産である「人」を確保するのが仕事です。 企業の大切な財産である「人」を確保するためには、「面接」だけではない部分がたくさんあります。 採用ターゲットの設定や、求人媒体への掲載準備、応募書類の確認、面接日時の設定等、一般的にはあまり知られていない細かい仕事があるのです。
座談会

座談会:Vol.1 敬語について

新入社員研修をしていると、敬語がうまく使えない人が結構多いように思えます。 最近は、チャットツール(LINEなど)を利用することも多いため、スタンプで先輩・後輩間での会話も完結してしまったりするからでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました