人事総務の栞

人事総務の栞 人事総務の栞
人事総務の栞

人事総務の栞:機器管理のポイント

機器管理を行う目的は会社が持っている備品を効率よく活用するためです。自分たちが管理しやすいような台帳を作成しましょう。
人事総務の栞

人事総務の栞:総務の仕事

総務の仕事は、総務事務とも呼ばれ、会社(企業)の運営に関わる業務や従業員全体に関わる業務を幅広く行う事務職の1つです。総務事務の仕事は、会社によってかなりの差があります。総務事務の担当になった場合は、必ず仕事の範囲を確認するようにしましょう。
人事総務の栞

人事総務の栞:組織図について

組織図とは、「仕事内容」や「機能」、「職種」等によって、組織に属する人たちを分け、それらの関係を表した図のことをいいます。組織図は大きくわけると3つあります。機能別組織図と事業部別組織図とマトリクス組織図です。
人事総務の栞

人事総務の栞:「研修」業務について

人事の「研修」業務とは、採用した従業員が今後会社で働いていくために必要な知識や技能を高める(身に付ける)ための勉強会や実習を行う業務をいいます。研修の1番大きな目的は「人財育成」と「自己成長の機会を設ける」ことです。 研修を実施するには、研修担当者が研修内容について詳しく知っておく必要があります。
人事総務の栞

人事総務の栞:「人事」業務について

人事業務は、従業員の適正や能力に応じ、部門間の「人財」の調整や「人財の活用」を担う職種です。具体的には配属先の決定、異動の決定、通達、昇格、降格等の決定、通達、人事面談の設定や同席、人事制度の制定や見直しなどの業務を行います。
人事総務の栞

人事総務の栞:「労務」業務について

人事の「労務」業務は「人」が入退社した時の手続きと雇用期間中の労務管理が主な業務です。 例を挙げると入社退社手続き、社会保険関係手続き、労務管理、給与計算、労使トラブルの解消、就業規則の作成、見直し などがあります。
人事総務の栞

人事総務の栞:従業員の受け入れ準備

人事の業務の「採用」業務は面接して終わり、ではありません。受け入れ可能日を決定するために、社内の受け入れ態勢と社内手続きを確認する必要があります。社内の手続きは会社によって異なりますので、リストに整理しておきましょう。社外の手続きの主なものは、社会保険と雇用保険の加入手続きです。
人事総務の栞

人事総務の栞:会社のハンコ(印章)

会社でよく使用される印章には実印、銀行印、角印の3種類があります。 実印は一般的には丸印で作成されるため、「丸印=実印=代表者印」と扱われている会社があります。角印は、社名のみを刻印することが多いため、会社印とも呼ばれます。
人事総務の栞

人事総務の栞:「採用」業務について

「採用」業務は、企業の大切な財産である「人」を確保するのが仕事です。 企業の大切な財産である「人」を確保するためには、「面接」だけではない部分がたくさんあります。 採用ターゲットの設定や、求人媒体への掲載準備、応募書類の確認、面接日時の設定等、一般的にはあまり知られていない細かい仕事があるのです。
人事総務の栞

人事総務の栞:「人事」と「採用」の違い

人事の仕事に就きたい方、新しく配属になった方向けの記事シリーズ『人事総務の栞』の「人事の業務」の解説ページです。主な業務を4つ(採用=「人」の確保、人事=「人」の調整、労務=「人」に関する手続きと労務管理、研修=「人」の育成)に分類し、解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました