就活のマナー

就活のマナー

就活マナー:敬語・言い回し(面接編)

面接の際に気を付けた方が敬語・言いまわしのポイントをまとめました。言い回しや敬語の間違い一つでも、評価が同じくらいの場合は、この記事にあるようなビジネスマナーが採用・不採用を分けることもあります。面接に臨む際には言葉遣いにも気をつけましょう。
就活のマナー

就活のマナー:敬語・言い回し(受付~案内編)

面接の際に気を付けた方が良いポイントのうち、受付から案内を受けるまでのポイントをまとめました。細かいことですが、評価が同じくらいの場合は、この記事にあるようなビジネスマナーが採用・不採用を分けることもあります。面接に臨む際にはマナーもしっかり身に着けておきましょう。
就活のマナー

就活メールの書き方:応募書類送付 郵送編

就活で応募書類を送る時、メールで連絡があったときには連絡が届いたことを伝えるために返信するメール例を紹介します。また、手元に写真がない、書類がまだできていないなど、「すぐに送ることができない」場合の例文も紹介。
就活のマナー

就活メールの書き方:応募書類送付 メール編

就活で応募書類を送る時、シンプルなメールを作る時は連絡をもらったことの御礼、名乗り(簡単な自己紹介)、履歴書、職歴書を送ることを伝えます。加えて「面接してほしいこと」も伝えたい場合は、文章の流れが不自然にならないように気をつけましょう。
就活のマナー

就活のマナー6: 印象の良い履歴書の書き方 その2

応募書類の日付欄は、提出日を書きます。郵送する場合は郵送日を 書類を持参する場合は持参する日を書きましょう。前もって書類を作成しているときは年齢や卒業見込み、退職予定等内容に変化がないかも確認が必要です。
就活のマナー

就活のマナー5: 印象の良い履歴書の書き方

WEBで伝えている内容と同じ内容でも、採用側が書面の履歴書をもらうのは、採用担当者の手元に届いた履歴書が、あなたのビジネススキルを表しているからです。最後まで気を抜かずに書くことができないと、丁寧な仕事ができない人だと思われてしまう可能性があります。
就活のマナー

就活のマナー4:応募時の志望動機と自己PRについて

志望動機と自己PRは、「自分の伝えたいことが伝わる文章にすること」、「応募先に合わせて作成すること」の2点が重要です。 採用担当者は、学歴や職歴だけでなく、志望動機や自己PRからも自社に合うかどうか、ほしいスキルをもっているかどうかを確認しています。
就活のマナー

就活のマナー3:応募時のマナー

応募情報の作成は「仕事の質」を表すという認識を持ち、正確に、もれなく記入するようにしましょう。基本情報は漏れなく登録する、空欄は極力避ける、誤字脱字は必ずチェックする、応募メッセージも記載する、これらは自分のことを知ってもらうためのマナーです。
就活のマナー

就活のマナー2:メールの差出人と署名

就職活動で使うメールアドレスの設定によっては、応募書類を送っても怪しい添付ファイルとして扱われてしまい、見てもらえない場合もあります。差出人の署名やメールの設定を確認して、誰からのメールなのかをわかるようにする必要があります。
就活のマナー

就活のマナー1:メールアドレス

本来、どのようなメールアドレスでも問題はありません。しかし、就職活動で使うメールアドレスはあなたを表すものなのですから他人の名前や架空の名前など、「紛らわしいメールアドレス」や「複雑なメールアドレス」は避ける方がよいでしょう。
タイトルとURLをコピーしました