ビジネスメールのポイント

就活メールの書き方:メールを書くときの注意点

就活のメールの注意点を例文込みで紹介します。注意点は5つ、差出人の名前、件名、宛名、本文、署名です。メールの文章も就職活動で相手に与える情報の一つですから、メールの文章が「振るい落としの原因」になる可能性もあるのです。
スキルアップの種

スキルアップの種:人事考課(人事評価)について

人事考課についての紹介記事です。人事考課とは、給与等の処遇を決めるために考課期間の勤務成績や能力を査定するものです。人事考課の考課項目を見れば、従業員にどのようになってほしいかが分かります。人事考課で満点を取れる人=会社が求めている理想の人、ということです。
ビジネスメール

就活メールの書き方:書類の添付を忘れてしまったときは?

応募書類の添付を忘れているというメールが届いたら?採用担当者からすればよくあることですので、諦めてしまう必要はありません。今度は必ずファイルを添付することと、添付を忘れたことに対する謝罪文を記載し、メールを返信しましょう。
就活のマナー

就活メールの書き方:応募書類送付 郵送編

就活で応募書類を送る時、メールで連絡があったときには連絡が届いたことを伝えるために返信するメール例を紹介します。また、手元に写真がない、書類がまだできていないなど、「すぐに送ることができない」場合の例文も紹介。
就活のマナー

就活メールの書き方:応募書類送付 メール編

就活で応募書類を送る時、シンプルなメールを作る時は連絡をもらったことの御礼、名乗り(簡単な自己紹介)、履歴書、職歴書を送ることを伝えます。加えて「面接してほしいこと」も伝えたい場合は、文章の流れが不自然にならないように気をつけましょう。
座談会

座談会:Vol.3 就職活動中のメールについて

就職活動中に企業に送るメールも「ビジネスメール」に含まれます。 そのため、企業に送るメールに不備や不足、誤字、言いまわしの間違いがあれば、それだけで採用対象から外れてしまうことがあるのです。
人事総務の栞

人事総務の栞:「研修」業務について

人事の「研修」業務とは、採用した従業員が今後会社で働いていくために必要な知識や技能を高める(身に付ける)ための勉強会や実習を行う業務をいいます。研修の1番大きな目的は「人財育成」と「自己成長の機会を設ける」ことです。 研修を実施するには、研修担当者が研修内容について詳しく知っておく必要があります。
人事総務の栞

人事総務の栞:「人事」業務について

人事業務は、従業員の適正や能力に応じ、部門間の「人財」の調整や「人財の活用」を担う職種です。具体的には配属先の決定、異動の決定、通達、昇格、降格等の決定、通達、人事面談の設定や同席、人事制度の制定や見直しなどの業務を行います。
人事総務の栞

人事総務の栞:「労務」業務について

人事の「労務」業務は「人」が入退社した時の手続きと雇用期間中の労務管理が主な業務です。 例を挙げると入社退社手続き、社会保険関係手続き、労務管理、給与計算、労使トラブルの解消、就業規則の作成、見直し などがあります。
コミュニケーションの鍵

コミュニケーションの鍵:3本目 情報共有

情報共有は、コミュニケーションや報連相同様、仕事をしていくうえで、必要不可欠な業務です。 なお、業務として共有される情報は下記のとおりです。 見聞(見たり聞いたりしたこと) 知識(知っていること) ノウハウ(専門的な技術やその蓄積) 情報(内容や事情についての知らせ)
タイトルとURLをコピーしました